新着公開:出産体験談№80 軽やかなお産

助産院出産
TS280084

ガラケーで撮った写真。 あわててとった1枚!

この記事の見どころ

・妊娠中の思い出とそれが周りにも活かされている話
・陣痛を一晩のがし、やっと向かった助産院で、もう痛みはなし!
・母乳育児、様々な考え方・・

37歳第1子(長男/子ども1人)助産院出産
神奈川県 寺田佳美さん(美容室経営)

一日たってほっとして面会に来てくれた夫、パシャリ。

赤ちゃんが出来た!その時の気持ちは?

佳美さん
佳美さん

ちょうど14年前の6月のこと。
妊娠した時の気持ちは
嬉しかった!
本当にいるんだって思いました。


赤ちゃんが欲しかったから、
単純にとっても嬉しかったです。
夫は良かったという感じ。

夫婦でお店を出してから5年後のことでした。
生理が2ヶ月来ていないタイミングで、
妊娠したかな?となり、
病院にいき判明しました。

婦人科の先生に
「何人いるか見てみるね。
五つ子だったら1人ちょうだいね」
と言われ、

「えー-!!1人じゃないかもしれないの?!」
って本当にびっくりしました。

(編集者の声:先生の一人ちょうだい発言も驚きですけど!!)

・・で、おなかの中の子は、
1人でした(笑)。

つわりはなく、
柔軟剤の匂いにちょっと
敏感になったくらいでした!

「立ち仕事や重たいものを持っても平気ですか?」
と先生に確認したら、
「普段持ってるようなものなら平気よ」って
言われたことをよく覚えています。

佳美さん
佳美さん

妊娠中の思い出は、
家から店まで歩くのも辛いほど、
骨盤の付け根が痛くなってしまった時!

その期間は、
自転車にわたしが乗って、
夫がその自転車を押して、、
という風に、
歩く距離を少なくできるよう工夫していました。

こんな経験があったので、
スタッフさんが妊娠して、
やっぱり骨盤が痛いという話になった時は、
夫とスタッフさんとで
交互に妊娠しているスタッフさんを
駅まで送り迎えしたりもしました。

妊娠期間中は
ともかくとっても楽しかった!!
胎動はまた体験したいな
って思っています。

お産のイメージ

佳美さん
佳美さん

鼻からスイカ。

母からお産が大変だったという話を聞いたことはなくて、
よくいう『鼻からスイカ』くらいのイメージ。

助産院を選んだ理由は
妊娠出産の本を読んだ時、
助産院なら会陰が割けない、
ということや、
助産院で産んだ方の感想を聞いて、
いいなって思った
んですよね。

高齢出産だったから、
駄目だったらしょうがない、
とも思ってたんですけど!

お産のリアル 自然無痛分娩?!

佳美さん
佳美さん

陣痛がおさまっている中の出産!!

予定日の2週間前まで
働いていました。

さー、ここからゆっくりするぞー!

と思ったら、、
予定日の1週間前に
出産!!

本当にたたたたたーー!っときた感じ!

破水したー!!!!
さぁ助産院へ!!
となったものの…

「まだ早いわよー」って帰されちゃった!!

念のため、お医者さんのところに行って
赤ちゃんの心音を見て、
自分で乳首への刺激をして
子宮収縮を促してって言われ、
やってみたものの、
「問題ない」と言われ、
そのまま帰ることに…
なんだか微妙な気持ちでした、、
自分で乳首を刺激、、

家に帰り、夕方。
陣痛が始まって、
助産院へ
「結構きてます」と電話したら、、
「電話できるならまだまだよ」というお返事…

いつ行ったらいいの~?!
という感じ!

夫には夜通しさすってもらっていました。

テニスボールを当てるといいって
聞いていたので、
お尻をずっと押してもらったり。

こんなに強く押しちゃっていいの?!
って夫は言っていました。

面白いことに、
陣痛ってちゃんと波があるんですよね!
波が落ち着いている時はうとうとって
休むことができて、
きたってなると
そこで夫を起こして「さすって」って
していました。

翌朝、産院に電話をしたところ、
「じゃあ来てください」ってやっとなりました!
それまでずっとそわそわしてました。
まるでゴリラのようでしたね~(笑)

でも、助産院につく頃には
もう、陣痛は
終わっていた感じ(笑)

「はい、もう出そうだよー」
「はい、いきんで!」と言われて
先生の言われるようにいきんで、
5・6回で生まれました!

佳美さん
佳美さん

立ち合い出産、我が家の場合。

うちの夫は血を見ると倒れちゃうから、
立ち会いはちょっと、、
と、言っていたんですけど、
おばあちゃん先生に
「何言ってんの大丈夫よ」って
押し切られて、
そのまま立ち会うことに、、!!

ちゃんとお店がお休みの日に
産まれてきてくれた
ので、
立ち会いもできたんですよね。

わたしの母も間に合って、
赤ちゃんが生まれるのをみんなが祝ってくれました。

今にして思うと、
うまれるところは、
夫も見るほうがいいって思っています。

その時の姿を見ると、
いろいろ分かってくれるようになるから

いいよって。

後で夫に
「どんな感じだった?」って聞いたら
「神聖なことを見た気がした。」
って言ってました。

それから、
赤ちゃんが息できなさそうで、
苦しそうだった、とも言っていましたね(笑)

佳美さん
佳美さん

後産が出なくて、
助産師さんが手技で出してくれたのも、
よく覚えいてます。

本当なら救急車行きだったかもしれない、
と後で言われました。

その時、少し会陰が破けたけれども
もう感謝しかないですね!!
そこまでしてくれるのー!!って思ってました。

助産師さんすごいなーっていう気持ちで
いっぱいでした。

TS280084

産後の気持ち

佳美さん
佳美さん

まず、指大丈夫?!って思ったのと、
そんなこと思っちゃいけないかなって
思ったのを
今でも覚えています。

忘れられないのが、
ニンニクエキスを飲んだこと。
そのせいか、
目が冴えてともかく眠れなかった!

後、赤ちゃんにまつげがなくて、
それを少し心配して聞いたら、
「これくらい大丈夫よ」って
先生に言われました。

後は、
生まれてきてよかった、
やっと出てきたっていう感じ、
、。

そうそう、
先生は
「産後の1ヶ月は水に触れないでね。」
という方だったので、
お風呂には一か月間、
まるまる入りませんでした。

その当時、
働いていた別の助産師さんに、
「本当に一か月入らなかったですか」って聞いたら、
「入りました」って言われたんですけどね(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当時の自分にかける言葉

佳美さん
佳美さん

大丈夫、
何とかなるよ。

って言いたい。

健康に育ってくれたから、
特に大変なこともなかったし、
仕事をしながらの妊娠出産で、
できることはしてきたけれど、、

これからの方には…
「できるだけそばにいてあげて」
と言いたい気持ちがある。

思い出すと少し悲しくなってしまうかも、、

赤ちゃんがでてきてからのほうが、
葛藤が大きかったよね。

産後2ヶ月で仕事に行って、
そばにいないというのが
ずっと今も続いているんですよね。

贅沢なのかな、わたしのエゴかな、
とも思うんだけど。。
まだ1人だからなんとかなっていた部分もありますよね。

2代にわたる母乳育児問題

佳美さん
佳美さん

母は母乳をあげていなくって、
なんでかを聞いたら、
「だって寝れないじゃない」っていう返事!!

娘、ショック!!
しかも理由が
何それーっていう感じ(笑)

わたし自身はあげたかったので、
頑張ってあげていたけれど、
母からは「足りない、足りない」
というプレッシャーをすごい受けました。

「お母さん、言うのやめてよ」
ってなってました。

母がこどもたちに母乳をあげてなかったのは、
出産して初めてしった事実でした。

編集者より一言

以前からお友達の佳美さんのお産体験。
今回、あーすぷらざの展覧会をご覧いただいて、
わたしも話を聞いてほしい!ということで、
今回インタビューをさせていただきました!

わたしから話を聴かせてほしいというケースももちろんありますが、
この、「話を聞いてほしい」という気持ちをとても大事にしています。
話したい=ご自分の中で何かを伝えたい、
なにかが引っかかっている、そんなところを
シェアしていくことがとても大切な場所だと思っています。

佳美さんのお話はお産も含めてとても軽やか♪
そして、働く母の葛藤もありつつ、
楽しんで子育てをしている様子が伝わってきます。
個人的には、妊婦さんがのった自転車を、
夫なり、職場の仲間で押したりする光景が最高で、
そんな景色が当たり前な世界を観たいなぁって思います!
佳美さん、素敵なお産体験のシェア、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました